杉山さとき 応援隊 杉山智基 応援隊
後援会の皆様へ(市長選を終えて)
 

杉山さときの政策を、わかりやすく動画で解説しています
自己紹介(1:50) 子育て(1:41) 生活提言(2:26) 医療・福祉(2:09) 地域振興(1:53)
中央の再生ボタンをクリックすると動画がご覧になれます。
教育(2:02) 文化(1:53) 質疑応答(6:39) おまけ:自家農園(4:15)

杉山さとき の約束
私は、青年会議所、商工会議所、八千代市農協、そして千葉西法人会で役職を務めさせていただき、八千代の街づくりに携わってまいりました。また、保護司や社会福祉協議会を通じて、市民の生活相談や社会復帰への手助けを行っております。

その知識と経験を市政に活かし、八千代市を原点から「再生」し、市民のみなさんが「笑顔、元気、誇り」に満ち溢れる街づくりを実現させます。

その為に、これから様々な《政策》(お約束)を提言いたします。ただ、その《政策》を実現させるためには、市政運営を本来のあるべき姿に「再生」させることが必要です。

まずは、

杉山さとき 政策

を、早急に実施します。

 
杉山さとき 市政
信頼=徹底「情報公開」

情報提供を義務に

■ハコモノ建設や市民に新たな負担をお願いする前には、地権者や議員だけでなく、タウンミーティングを開催するなど、市民全体に広く呼びかけた説明会を開催します。
当然、市民の理解が得られない事業については計画の見直しを図ります

弁護士や、公認会計士などの専門家による各部監査制度を導入します。


効率=断行「行財政改革」

民間の経営感覚を取り入れた行財政改革

■自ら改革に取り組む姿勢を示すために市長の報酬(月98万円)を3割(月30万円)削減します。
■建設予定である、①ベデストリアンデッキ(平成25年4月にOPENの農業交流センターにつながる大規模な橋)、②総合グラウンド、③中央図書館、④市民ギャラリーについて市民と一緒に、建設内容を再検討します
■納税者の利便性を向上させるため、インターネットやスマートフォン、クレジットカードでも納税できる環境を作ります。
職員数の適正化を図り、人件費の積極的な削減に努めます。
■市役所職員の天下りとなりかねない、第三セクターの事業を精査し、団体の統合、廃止を行います。


満足=脱「お役所仕事」

市民のための行政サービス

■住民票や戸籍、税務証明の取得のための総合窓口を開設し、平日は午後8時まで、休日も午前9時から午後5時まで開庁します。
■コンビニエンスストアで、住民票などの証明書を取得できるように、行政のIT化を推進します。
■すべての市職員に対して適正、公正な人事評価を実施し、活気に満ちた市役所を実現します。
 
笑顔プラン

子どもの通院の医療費助成の対象範囲を、小学校3年生から中学校3年生まで拡大します。
待機児童ゼロ対策として、認可外保育所へ通う乳幼児の保護者負担を軽減する為、認可外保育料を助成します。
学童保育施設を充実させ、小学校6年生までにします。
小学校の入学に備え、発達に関して気になることを相談できるように5歳児健診を実施します。
小中学校、保育園、公民館などの公共施設、橋や下水道などの生活必要なインフラ設備についての耐震化計画を作成し、早期に耐震補強工事を実施します。
東葉高速鉄道への経営支援を継続すると共に、千葉県や船橋市と協力し、国と鉄道・運輸機構に対する債務償還の負担軽減を求め、運賃の値下げを目指します。
災害時に物資の集積・配送拠点となる、災害備蓄倉庫を増設します。
指定ごみ袋の処理料を無料にします。
地域の安全を守る要となる消防団の機能強化の為に、団員の確保、訓練の充実を図ると共に、消防団の資機材購入や中型免許の取得を支援します。
歩道を整備し、安心して歩けるまちにします。


元気プラン

胃がん・肺がん・大腸がんなどの「がん検診」と「成人歯科検診」の自己負担額を半額にします。
八千代医療センターに対する助成を継続すると共に、病床数の増床を実現します。
福祉タクシー助成制度を復活させます。
民間の障がい者施設への支援強化を図ります。
敬老祝金を支給します。
特別養護老人ホームの施設整備を支援し、待機者解消を図ります。
商店街の育成を目的に、商店街が行う活性化イベント等の取り組みを支援します。
産業祭「八千代どーんと祭」と「源右衛門祭」を支援し、市内の産業と観光を発展させます。
安心安全で顔の見える地元産農畜産物を地元で消費する地産地消を推進します。
中小企業資金融資制度の拡充を図ります。
シルバー人材センターの機能を拡大し、元気な高齢者に対し、デイワークの創出を行います。


誇りプラン

より魅力ある「ふれあい大学校」を目指し、講義内容等の充実を図ります。
スポーツ振興を図る為、小中学校のクラブ活動の活動費を支援します。
私立幼稚園への支援を充実し、保護者の経済的負担を軽減します。
保護司として培った知識と経験に基づいた「いじめ対策ネットワーク」を設置します。
老朽化が著しい小中学校の外壁、プール、トイレ、体育施設などを修繕する学校修繕予算を3倍に増やします
市民の為の「八千代ふるさと親子祭」の開催を支援し、花火大会の継続を目指します。
独自デザインの原付用「ご当地ナンバープレート」を作成し、八千代の魅力を発信します。
市から自治会への依頼業務の軽減・適正化を進め、本来の地域コミュニティとしての自治会活動を活性化します。
地域担当職員制度を導入し、地域の課題を迅速に解決します。
生活保護の不正受給の防止し、厳正な運用に努めます。